便秘を治す

女性ホルモンと便秘の関係

何故男性よりも女性に便秘が多いのか。

それは女性ホルモンが関係していると言われています。

女性ホルモンの影響はまた女性一人ひとりによって違うので一概には言えませんが、女性ホルモンの影響が変わる時期によって、便秘になったり下痢をしてしまったりといった風に、少なからずお腹の状態に影響を与えています。

私の場合、生理が終わってしばらく経った頃くらいから便秘気味になり、生理中は下痢気味になるという、非常に忙しいお腹を持っています。

何でこのように時期によって変わるのかというと、2種類の女性ホルモンの分泌が関わっているようです。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のものがあります。

この2種類の女性ホルモンが時期によって交互に多く分泌されるようになっているのですが、この2つのうちのプロゲステロンという女性ホルモンの方が、便秘を引き起こす原因となっているようなのです。

プロゲステロンは生理前に多く分泌されます。

プロゲステロンが分泌されると、体内で水分や塩分の吸収が活発になります。

その際に、大腸の中にある便の水分なども吸収してしまうようですね。

それで便がかたくなり、便秘を引き起こすのだそうです。

また、プロゲステロンは妊娠中にも多く分泌されます。

私も妊娠中に便秘に悩まされ、最終的に薬を処方してもらった事があったので納得でした。

便秘を治す方法メニュー